タグ:雑穀 ( 9 ) タグの人気記事

 

マクロビ教室 by デコさん

はりきって、1時間ほど早く
サウスメルボルンマーケットに
着いてしまった、雑穀ガールズ。

デコさんは、少女のようにお茶目な方で
とっても楽しい、大満足の一日でした。

c0175861_15401782.jpg

「玉ねぎを回し切りしたら陰陽のバランスが取れますよ」
・・と説明した側から、

「本当かどうかは分からないけどね」
・・と付け足したり。^^

「まぁ意識することで、気持ち(ラブ)がこもるのでしょう」と。

「マクロビは、いちいち ああしろ こうしろ うるさくて
自分の好きなようにできないと」、隠れアンチマクロビだった?
oneloveともちゃんも 「デコさんのマクロビは好きっ」とニコニコ顔。

あと、基本的な雑穀の洗い方とか(モミモミ)、
シャプシャプにならない炊き方、湯炊き(小さい粒)の方法。

子育ての話や、毎日食べるもの、時々頂くものの話、
シンプルな食に移行する際のお料理の仕方も興味深かった。


そして、ここ1年、震災と原発事故から
千葉での生活がどのように変わったかにも触れてくれました。

ガイガーカウンターを持って生活をすることに対する憤り。

放射性物質をできるだけ体内に入れない、そして排出する。

体内に入れないためには、
凝縮されやすい 肉・魚・乳製品 を避ける。

そして、排出するには、
玄米、豆、切干大根、発酵食などを頂く。

あとは、楽しく暮らす!・・・だそうです。


色々お話ししていたら、あっという間にできあがり。
今から、お料理会に参加される方は見ないでね;)

c0175861_1541183.jpg

* ガボチャとキビのミレットボール
* 豆腐チーズのブルシェッタ
* アボカドとテンペイの蕎麦寿司
* 芽ひじきとレンズ豆のマリネ
* 玄米と梅のおにぎり
* 人参とお豆の味噌和え
* お味噌汁
* お漬物

* カボチャとスイートポテト芋のくずデザート

どれも、シンプルで美味しくて (特に玄米) ぬちぐすい (命の薬)でした。

ランチをしながら、デコさんの畑やお家(ブラウンフィールド)を
スライドで鑑賞、その季節感あふれる暮らしが伝わってきました。

c0175861_15414624.jpg

デコさんをはじめ、あうんの呼吸でお料理された
ディスコビーンズのYさんMちゃん&アシスタントさん、
デコさんをメルボルンへ呼んでくれた Eさん&Hさん、
その中継ぎをしてくれた Cちゃん&Mさんにも ありがとう。

                               Posted by okimaki
[PR]

by zakkoku_aus | 2012-03-13 22:03 | イベント  

オーストラリア産キヌア

メルボルンの台所、クイーンビクトリアマーケットには
オーガニック屋さんが3件ほどあります(火・木・金・土・日)。

そこで、新鮮さや値段、生産地を比較しながら、
雑穀食堂のイベントの際にもよく利用させてもらっています。

c0175861_14593592.jpg

先日、タスマニア産キヌアを発見。
「とうとうオージー産のキヌアが~」と早速購入しました。

南米産のキヌアがキロ15~17ドルに対して、キロ10ドルと値段もお得。

お料理したら、またお味のほうも報告します。 by okimaki
[PR]

by zakkoku_aus | 2010-12-21 15:01 | 雑穀のあれこれ  

お料理会 24th MAY

c0175861_12222277.jpg

参加くださった皆様、ありがとうございました。

とーっても久々だった、自宅での雑穀お料理会。
今回は、5名+10ヶ月のべべちゃんが参加くださいました。

いくつかのオリジナルレシピを取り入れて、根菜を意識したメニューです。

- 高きびトマトソースと南瓜グリルのラザニア
c0175861_12192443.jpg


たかきび、人参と大根を加えた優しいトマトソースです。
南瓜は別でグリルして・・・。これだけでもおいしい!
ベシャメルソースは豆乳で作ります。


- エリンギともち粟のブルーチェッタ風 オーブン焼き

c0175861_12272294.jpg

c0175861_12201338.jpg


輪切りしたエリンギに、ペスト(バジルorサンドライトマトの2種)を塗って
もち粟、カットしたオリーブを乗せたオーブン焼き。
仕上げにトリュフオイルをひとかけで、香りがぐんと深くなりました。


- もち粟と根菜のお豆腐キッシュ

c0175861_12225592.jpg


もち粟、蓮根、人参、さつま芋がどっしり入った
低カロリーだけどボリュームのあるお豆腐キッシュ。
卵、乳製品なしの和風なヘルシーキッシュです。


- 切干大根とわかめのピリカラサラダ
c0175861_12232426.jpg


すりゴマがたっぷりのお味噌ベースの和え物。
切干大根のしゃきしゃきした食感が好きです。


デザートは、
yukashiで出しているお菓子と初めて作った赤ワインのゼリーを用意しました。

- 抹茶の小豆ロール
- 林檎の赤ワインコンポートゼリー

c0175861_12183270.jpg


もちろん卵は平飼いで自然の飼料で育った鶏卵、小麦粉は国産で品質の良いものを
砂糖はオーガニックを使います。
小豆はことこと炊いて、林檎のコンポートもことこと炊いて。
大量生産ではないから、出来る作業なのだけど・・・。


雑穀は高きび、もちあわを使いました。
トマトは体を冷やす夏野菜だけど、温性の高きびとあわし 調理時間の長い
ディッシュによってバランスが保てるかな?

お野菜は入手可能な限りオーガニックの新鮮なものを皮ごと使って。
冬野菜は体を温めるのが特徴で、水分が少なく 保存がききます。

使ったお野菜は
人参、蓮根、大根、さつま芋、かぼちゃ、とまと、オリーブ(黒・緑)、エリンギ
(バジルペスト、サンドライトマトペスト)


参加者のうち主婦の方がほとんどで 片付けの手際も良く
とっても助かってしまいました。すばらしいです。

私の好きなSugar Doughベーカリーのパンも差し入れくださり
うれしい心遣いに、日本の良き文化に触れた気持ちでした。
(日本の実家から届いた お手製の甘夏マーマレードと一緒に頂きました!)

そして、デザート・珈琲が落ち着いた頃に、梅昆布茶を出してくれたMさん!
お腹もいっぱいで、お部屋は温かくて、時間は穏やかで。
体がゆるくなって、心地よい睡魔まできて、リラックスで楽しい時間でした。

次回は近々、お菓子の会を予定しています。


色んな人と出会って、一緒にご飯を食べて、お話しを聞いて。
参加くださった皆さんの「おいしい!」「ありがとう」を聞いて、
お料理会の楽しみを再発見した1日でした。

Posted by Yukiko
[PR]

by zakkoku_aus | 2009-05-26 12:39 | 料理教室  

雑穀ソーセージ BBQ@Williamstown

c0175861_20412142.jpg


青空に恵まれた11月4日、皆で持ち寄った色々な雑穀&ベジ料理を囲んでの
ピクニック&BBQ。

Williamstownの海岸から見るシティの高層ビルだったり、
視界をずらすと、青く広がる海とぷかぷか浮かぶ黒鳥だったり、
景色も楽しい1日でした。

持ち寄ったお料理の数々は、どれもとてもクリエイティブ!

雑穀の一種、粒蕎麦と白豆で作ったソーセージ。
赤い方は、ビートルート(赤カブ)入り。
c0175861_2042031.jpg


雑穀パイ、ヒヨコ豆のパティ
c0175861_20422576.jpg


おにぎり&ぬか漬け、キヌアとナッツのサラダ、キヌアとクランベリーのサラダ、
フェタチーズとサンドライトマト入りの生春巻き、きゅうりとトマトのバジル和え
手作りパン、人参とヘンプのサラダ、ディップ各種、
ポテトのホイル焼き、オーツビスケット、お庭で取れたお野菜のホイル焼きなどなど・・・
c0175861_20512194.jpg


子供から大人まで、18名でのBBQランチ。
初めて会う人々もいて、沢山のお話もできて、楽しくおいしい時間でした。

c0175861_20451139.jpg


食事をしながら眺める、黒鳥たち。
ペリカンもいたりでオーストラリアの自然を体感するひと時。
c0175861_20465867.jpg


BBQエリアにあった、ジャングルジムやブランコで遊んだり。
子供はすいすい登っていくのだけど、私たち大人組みは途中でストップ。
昔はあんなにすいすい登ったジャングルジムや滑り台。今ではちょっと怖くて。

参加くださった皆様、ありがとうございました。
今回参加出来なかった方、また次回やりましょう!

posted by yukiko
[PR]

by zakkoku_aus | 2008-11-05 15:22 | イベント  

雑穀の英語名

c0175861_1420222.jpg

オーストラリアで手に入りやすい雑穀と英語名はそれぞれこちら。

キヌア=キノア=Quinoa
アマランサス=Amaranthus=Amaranth
粒そば=そばの実=Buckwheat (粉もあります)
高キビ=コウリャン=Indian Millet=Sorghum
もちあわ=Glutinous Millet=Sorgho (??)

本当はもっともっとあるのですが今度ちゃんと調べてきます。

Friends of the Earth(312 Smith St Collingwood)
オーガニックショップや韓国系のお店で取り扱っています。

*写真は白高キビ。雑穀の中でも粒が大きいのが特徴です。

by maki
[PR]

by zakkoku_aus | 2008-10-29 14:23 | 雑穀のあれこれ  

第3部・雑穀料理会 報告

c0175861_17352288.jpg

昨日、9月20日(土)に第3部のお料理会を行いました。

参加くださった4名の皆さま、ありがとうございました。
そして、遠方からお車でのドライブお疲れ様でした。

今回のメニューは、先月のホープコネクション主催のお料理教室を少しアレンジし、
下記4品のおかずと玄米ごはん+苺づくしのデザートとなりました。


キヌアの和風春雨サラダ              高きびソースの風呂吹き大根
c0175861_1735519.jpgc0175861_17363448.jpg


粒蕎麦の餃子                     粒蕎麦の大根・餃子(アレンジ)
c0175861_17372165.jpgc0175861_17374911.jpg


もちあわの白菜ロール
c0175861_17382243.jpg


苺のヨーグルトクリームロール + 苺のバターケーキ苺ソース添え
c0175861_1738594.jpg




餃子の皮の代わりに、大根の薄切りを使うアレンジ餃子は、参加者の一人
の方が先日のテレビ(日本の番組)で放送されていたのを教えてくださり、
皆で試してみました!
皮を使わない分、カロリーも低く抑えられ、そして小麦粉アレルギーの方も楽しめます。
パリッとしてとてもおいしかったです。

こうやって、新しいレシピが増える。皆でお料理をする醍醐味です!
皆さま色々な事に関心をもたれ、話題も豊富でとても楽しくおいしいひと時でした。

私の方からは、ロールケーキとカトル・カールを小さい星とハート型で焼いた
ケーキをご用意させていただきました。

ロールケーキに巻いたクリームはヨーグルトが入った爽やかでヘルシーなタイプ
を作ってみました。試作もせずに初めて作ったものをお出ししたので少しドキドキ
しましたが、喜んで頂いてとてもうれしかったです。


海外に住む私たちにとって、和食を作るにも、雑穀料理を作るにも、
100%全く同じ食材が手に入るとも限りません。
けれども、その不便さも楽しみにかえて、発想豊かにアレンジし、柔軟に対応
していく。

何もレシピどおり、型どおりでなくとも良いのです。生き方もそう。
それを再認識させていただいた夜でもありました。


posted by yukiko
[PR]

by zakkoku_aus | 2008-09-21 17:52 | 料理教室  

第1部料理会の報告! 

第1部として、料理会(9月14日)をおいしく楽しく♪執り行いました!

参加者は私を入れて5名(+生後1ヶ月の赤ちゃん)。

料理会ではすでにおなじみ顔のJさん。手作りおからや”役に立つ情報”をおみやげに持ってきてくれ、ほかの参加者もこの方のキャラに興味深々!
女3世代で参加!の、、、母、娘Mちゃん、Mちゃんの娘生後一ヶ月赤ちゃんも、赤ちゃんのお世話と料理を選手交代でしながら、お料理がんばってくれました。Mちゃんの”うわー””きゃー”というダイレクトな反応、とってもうれしかったです。お母様も、影ながらいつの間にかお皿洗いをせっせとやってくださったりして、さすが手際が違います!
初参加のSさん。美しい雰囲気の漂うすてきな方。テキパキ料理をこなしていらっしゃいました!


c0175861_221639.jpg


それで今回のメニューは、、、

・高きびと豆腐の和風ロールキャベツ
・粒そばソーセージ セージ風味
・ズッキーニとレモンゼストのお漬物
・ブロッコリーと白キクラゲの胡麻みそ和えサラダ
・Barley入りご飯
・もちあわドーナツ

でした!

c0175861_22164626.jpg


ソーセージやドーナツは、大谷ゆみこさんの”つぶつぶ”のレシピを使った、定番雑穀料理です。何度食べてもおいしい♪

ロールキャベツは、とろみのついた和風味のたれでじっくり煮込んで、具の高きびと豆腐にも味がしっかりしみ込んだメインディッシュ。

ブロッコリーとキクラゲのサラダもキクラゲの歯ざわりがよく、おいしくできました。

春の気配を感じながら、レモンゼストでちょっとさわやかさを出してみたり、キャベツを大胆に使ってみたり、、、ココロにも体にもおいしくやさしく響いたようで、初参加の女3世代組や、Sさんも雑穀のとりこになって帰っていかれたようです!

第二部、三部の報告もお楽しみに、、、、。


Posted by Chika
[PR]

by zakkoku_aus | 2008-09-15 22:36 | 料理教室  

春も間近。”雑穀料理教室”予定中!

だんだん春の気配も近づいてきていて、冬の間のドンヨリさをぬぐい去り、ココロもカラダも軽やかになってくるこんな季節、、、

雑穀料理会”に参加してエネルギー補給しませんか??

今回、料理会を、雑穀Sisters(Chika, Maki, Yukiko)の各自宅にて行います!会費はどれも$15です。

*********************************************

~ 第一部 Chika自宅 (Caulfield) ~
日時: 9月14日(日曜日)
時間帯: ”雑穀料理会-LUNCH”ということで、お昼ちょっと前から始めて、ランチとして試食できる時間帯を予定しています。
定員: 3名

詳しい住所や時間などは、参加される方へ追ってご連絡します。


* 第一部は申し込みを締め切りました! 

~ 第二部 Maki自宅 (Pascoe Vale) ~
日時: 9月17日(水曜日) 
     AM 11:00より ~お昼の雑穀料理会~ メニューはこちらとほぼ一緒
定員: 3~4名

*第2部日程が変更となりました。詳細は参加者の方にお知らせいたします。

~ 第三部 Yukiko宅 (Kew) ~
日時: 9月20日(土曜日)
PM. 4:30 ~ (お料理・ディナー+yukashiのおまけ)
定員: 3~4名
 
*定員となりましたので、第3部の申し込みを締め切らせて頂きました。 9月10日 


定員となり次第、締め切りとさせていただきます。
参加のお申し込み、お問い合わせは下記までメールにてお伝えください。
zakkokuaus@hotmail.com   

* 詳細が一部変更になる事もありますが、予めご了承ください。
[PR]

by zakkoku_aus | 2008-09-07 21:32 | 料理教室  

キャロブのトリュフ レシピ&応用編

c0175861_21405027.jpg 
先日の、ホープコネクション主催の雑穀料理教室教室でご紹介した”キャロブのトリュフ”。

”おいしくて簡単!”といううれしいフィードバックをたくさんいただいて、私たちもとってもハッピーです♪

このキャロブのトリュフ、火を使う必要も、オーブンもいらず、短時間で出来上がるうえ、良質のたんぱく質、食物繊維、ミネラル豊富で栄養も満点です。そして、ドライフルーツの甘みと、ほんの少しの蜂蜜で、お子様も大満足な甘さ。言われなければチョコレートトリュフと思ってしまう、カフェインフリー、デイリーフリー、そして砂糖なしの安心おやつなのです。

今回このレシピを載せておきますので、レシピをなくしてしまった方、料理教室に参加できな
かった方、どうぞ参考になさってください。

------------------------------------------------------

キャロブのトリュフ (約25個分)

1.下記の順で材料をフードプロセッサーに加えていき、その都度プロセスする。
    1 デイツ(粗刻み1/2カップ)とソルタナ(1/2カップ)
    2 煎ったアーモンド(unsalted1/2カップ)と胡桃(unsalted1/2カップ)
    3 OATS(1/2カップ )とキャロブパウダー* (大さじ3)
    4 タヒニ(大さじ2)、はちみつ(大さじ1)

2.水(1/3~1/2カップ)を注ぎ口からすこしずつ加え、丸めやすい状態にする。

3.できた生地を、手のひらに水を少々つけながら丸めて、ココナッツフレーク(適量 )をコーティングする。

------------------------------------------------------

*ドライフルーツは、ドライアップリコット、レーズンなどでも代用できます。
*ナッツもカシュー、ひまわりの種(刻まなくてOK)などでもおいしいです。
*フードプロセッサーを使わなくとも、ドライフルーツやナッツを包丁で細かく刻み(体力要!)、あとは同様にOATS、キャロブ、タヒニ(ピーナッツバターでも!)、蜂蜜を加えて交ぜても作れます。

*キャロブ(CAROB)について(WIKIPEDIAから): 
キャロブは主に地中海付近で栽培されるマメ科の植物で、カルシウムや鉄分、食物繊維等を豊富に含むため、日本では主に健康食品として用いられる。キャロブパウダーは莢の中の黒い果肉部分を粉末状にしたもので、現地ではコーヒーやココアの代用品として用いられている。
果肉自体に甘みがついているため、キャロブを使ったチョコレートのような菓子も作られている。風味もチョコレートによく似ており、チョコレートアレルギーを起こす子供、妊婦、ペットでも安心して食べられる。

オーストラリアでは、大抵のヘルスフードストア、オーガニックショップなどで手に入ります。

By CHIKA
[PR]

by zakkoku_aus | 2008-09-01 21:54 | レシピ