タグ:マクロビオティック ( 4 ) タグの人気記事

 

Introduction of Macrobiotic

現在は日本を拠点に自然食の活動を展開している

雑穀シスターのYukikoちゃんが、メルボルン滞在中に行うイベントです。

c0175861_1332061.jpg


お誘い合わせの上、ぜひご参加ください。
[PR]

by zakkoku_aus | 2012-12-14 13:06 | 料理教室  

マクロビ教室 by デコさん

はりきって、1時間ほど早く
サウスメルボルンマーケットに
着いてしまった、雑穀ガールズ。

デコさんは、少女のようにお茶目な方で
とっても楽しい、大満足の一日でした。

c0175861_15401782.jpg

「玉ねぎを回し切りしたら陰陽のバランスが取れますよ」
・・と説明した側から、

「本当かどうかは分からないけどね」
・・と付け足したり。^^

「まぁ意識することで、気持ち(ラブ)がこもるのでしょう」と。

「マクロビは、いちいち ああしろ こうしろ うるさくて
自分の好きなようにできないと」、隠れアンチマクロビだった?
oneloveともちゃんも 「デコさんのマクロビは好きっ」とニコニコ顔。

あと、基本的な雑穀の洗い方とか(モミモミ)、
シャプシャプにならない炊き方、湯炊き(小さい粒)の方法。

子育ての話や、毎日食べるもの、時々頂くものの話、
シンプルな食に移行する際のお料理の仕方も興味深かった。


そして、ここ1年、震災と原発事故から
千葉での生活がどのように変わったかにも触れてくれました。

ガイガーカウンターを持って生活をすることに対する憤り。

放射性物質をできるだけ体内に入れない、そして排出する。

体内に入れないためには、
凝縮されやすい 肉・魚・乳製品 を避ける。

そして、排出するには、
玄米、豆、切干大根、発酵食などを頂く。

あとは、楽しく暮らす!・・・だそうです。


色々お話ししていたら、あっという間にできあがり。
今から、お料理会に参加される方は見ないでね;)

c0175861_1541183.jpg

* ガボチャとキビのミレットボール
* 豆腐チーズのブルシェッタ
* アボカドとテンペイの蕎麦寿司
* 芽ひじきとレンズ豆のマリネ
* 玄米と梅のおにぎり
* 人参とお豆の味噌和え
* お味噌汁
* お漬物

* カボチャとスイートポテト芋のくずデザート

どれも、シンプルで美味しくて (特に玄米) ぬちぐすい (命の薬)でした。

ランチをしながら、デコさんの畑やお家(ブラウンフィールド)を
スライドで鑑賞、その季節感あふれる暮らしが伝わってきました。

c0175861_15414624.jpg

デコさんをはじめ、あうんの呼吸でお料理された
ディスコビーンズのYさんMちゃん&アシスタントさん、
デコさんをメルボルンへ呼んでくれた Eさん&Hさん、
その中継ぎをしてくれた Cちゃん&Mさんにも ありがとう。

                               Posted by okimaki
[PR]

by zakkoku_aus | 2012-03-13 22:03 | イベント  

中島デコさん in Melbourne!

c0175861_20451659.jpg


c0175861_20483710.jpg


この本に、インスピレーションを受けた方も少なくないかと思います。

その中島デコさん (マクロビオティック料理研究家) が
豪ツアーの一環として、メルボルンへやって来ます!

サウスメルボルン マーケットにある LG Kitchen にて、
3月10日&11日(12時半~3時)の二日間、お料理教室を行います。

マクロビについてのお話、5品のお料理の試食/デモンストレーション、
おむすび、お味噌汁、おつまみ、漬物に加え、マクロビスィ-ツにお茶
を予定しているそうです。

費用は一日 85ドル。

興味がある方は、下記のメールアドレス、
あるいはお電話にて、ご予約下さい。


*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*


Deco's Macrobiotic Cooking Classes Australia Tour
Classes in Melbourne



10th sat & 11th sun March, 12.30-3pm
LG Kitchen/322-326 Coventry St, South Melbourne



$85 including recipe and 5main tasting dishes
+ rice ball, miso soup and simple pickle
+ nibbles, sweets and tea.

Booking/Enquiries: decotoz@gmail.com/0403 737 713

Brown's Filed→www.brownsfield-jp.com

www.facebook.com/DecoNakajima.FanPage



*~* Happy and Simple Living *~*

Deco Nakajima will be here in March!

Charismatic Japanese chef Deco is the author of 7 well selling books and founder of Rice Terrace Café/Brown's Field, a macrobiotic farm out of Tokyo which has become a centre of sustainable living where people can experience a Traditional lifestyle in its origin.


Deco conducts and teaches at international workshops and seminars and is the leading teacher at the Kushi Macrobiotic Academy in Tokyo. Her cooking style is based on the Japanese tradition "shindo fuji" - living in touch with the land. Deco brings to her teachings a life time experience of natural farming, being the mother of 5 children and a wealth of knowledge.

[PR]

by zakkoku_aus | 2012-02-23 20:56 | 料理教室  

食を通して見るとき

c0175861_20564394.jpg



おもしろいことに、

食を通して人をみたとき、生活スタイル、育った環境はもちろんのこと、その人との相性、
好みや趣味、キャラクター、物の考え方・見方なんかも見えて(感じて)くることがある。

例えば、食の好みが似ている人とは気が合ったり。心が通じたり。
食べ物に対してフレキシブルな人は、物事をすんなりと受け入れる人だったり。

一般的に女性は男性よりも何料理でも興味を持ったり食べたりする。
そして一般的にみていると、物事に柔軟に対応するのは女性のが得意のように思う。
(これは、国や文化によってもかわるのであくまで日本の一般の男女について)

そう思ったのも、ふと周りを見渡した時、気が合うなという人や心が通じているように
思う人々とは食べ物の好みや、おいしいと思うものに共通点があることに気付いたから。
簡単にいってしまうと、ようはタイプが似ている。

これは皆が日常でなんとなく感じることではないかなと思うし、食に限ったことでもない
のだけど。こういう見方もおもしろい。


生きる基本である、食が体(身体)に影響を与えるというのはもちろんのこと、
体内に取り入れる食物によって、人(動物)はその性質までを形成されるのだと思う。

お肉をたくさん食べる人、
菜食主義者の人、

これを易の原理である、陰陽を食にあてはめて簡単に説明すると、
陰(体を冷やす)・陽(温める)食物にわけられるのだけど、
それをおおまかにいうと、動物食は陽性で野菜は陰性。

肉食の人(動物)は、エナジックだったり、性格もかっかとしやすかったり。
野菜の人(動物)は、おだやかだったり、温厚だったり。

こうみると、肉食の人は、陽性タイプで、菜食の人は陰性タイプとなりますが、
えてして肉食者は野菜(生野菜など)も大量に摂取していることが多かったり、
菜食者は、塩気(陽性)の勝った料理で野菜を摂って陽性に近づくなど、
無意識に体がバランスを作っていることも多いのです。


食を通してみるとき、そこから見えてくるものは、とてつもなく広い。
そしてその広がっていく出発点となるのは私たちの食卓の上なのです。


by yukiko
[PR]

by zakkoku_aus | 2008-09-04 00:00 | 環境と食